読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌルヌルのブログ

ロードバイクとお買い物

チューブレスタイヤ(IRC Formula PRO RBCC)をはめてみた

先日妻のタイヤがパンクしたのを目の当たりにし、自分もそろそろパンクするのでは無いかと恐れていたのだが、やはり悪い予感は的中するものでそう思い始めてから間もなく私の自転車もパンクしてしまった。

幸いチューブレスのタイヤ

だったので、自宅でふとタイヤに触った時にスローパンクに気づくというダメージは少ない発覚だった。
このタイヤはヤフオク!でホイールを買った際に着いてきたものでタイヤの減りこそ少なかったもののゴムの劣化はぼちぼち見えていたのでまあしょうがあるまい。

さてパンクしてしまったからには新しいタイヤを買おうと思う。
私の自転車はフレームのチェレステ色に赤色を差し色で入れるという配色にしているので赤色のカラータイヤにしたい。
そしてせっかくのレーシングゼロなのでやはりチューブレスの物にしたい。
その二点を踏まえ探すとIRCのフォーミュラープロ RBCC 一択となったのでそれを購入。

後はホイールにタイヤをはめるだけなのだが、ネットを見てみるとどうもチューブレスのタイヤ交換は難しいという話をよく目にする。
それだけでブルってしまっていたのだが、どうもIRCの専用タイヤレバーを使うとだいぶ簡単に作業が出来るという記事を発見したのでタイヤレバーも購入することに。IRCのタイヤレバーは変わった形をしており、片一方はビードを落とし込むために細くなっていてもう片方はタイヤを外す為の従来のタイヤレバーの形をしている。

f:id:nuru2:20151111183717j:plain


f:id:nuru2:20151111183731j:plain

とりあえず道具は揃ったので作業開始!

まずは古いタイヤを外す作業。
タイヤレバーで難なく外せる。

f:id:nuru2:20151111183829j:plain

f:id:nuru2:20151111183840j:plain

次にチューブレスなのでもうタイヤをはかせていくのだが、タイヤをはかすにあたってチューブレスをの特徴的な作業がある。
それはなんとチューブレスタイヤはきついのでホイールのリムとタイヤに石けん水をつけてヌルヌルさせてからはめ込むという作業である。
タイヤに石けん水をつけるなどむちゃくちゃな感じがするがメーカーが推奨しているのだからその方法が一番良かったのだろう。

さて石けん水といっても中性洗剤で良いらしいので、やしのみ洗剤を水で薄めた物を用意する。

洗剤を塗布するのはネットを見ると筆だの歯ブラシだの色々な物を使っているが、私は洗剤のそばにあったキッチンペーパーをチョイスすることに。

f:id:nuru2:20151111185025j:plain

そしてリムと、

f:id:nuru2:20151111185045j:plain

タイヤに洗剤を塗布していく。

f:id:nuru2:20151111185116j:plain

ネットの情報によるとびしょびしょにした方が良いとの事なのでびしょびしょになるまで塗布していく。

f:id:nuru2:20151111185222j:plain

あとはクリンチャーの作業の時とは逆にバルブと反対側からタイヤをはめていき、きつくなってきたらタイヤレバーの細い方を使ってぐいぐいはめ込んでいく。
仕上げにしっかりはまっているかチェックをしたらとりあえずタイヤのはめ込みは完成である。

後は空気を一気に700kpa位まで入れて様子を見てみる。
空気を入れているとビードがしっかりはまった時に鳴るというパキパキ音も確認出来た。
最後に空気漏れのチェック。
タイヤとリムに洗剤を塗布してみたが特に泡が出てきたりもしないのでOKである。

これでとりあえず片方完成。

IRCのタイヤレバーがかなり活躍をしたので、思っていたよりも遥かに簡単であった。
時間にするとクリンチャーよりも早いかもしれない。

もう片方も同じ手順でつけ、ようやくタイヤ交換終了である。

f:id:nuru2:20151111190603j:plain

ちなみにもう片方は空気を入れる時にビードが持ち上がるパキパキ音が聞こえなくて少し不安になったが、調べてみるとそういう事もあるらしい。
実際特に空気漏れも無かった。

Before

f:id:nuru2:20151111190943j:plain

After

f:id:nuru2:20151111191012j:plain

やはり赤いタイヤだと大分雰囲気も変わった。

ただ以前のHutchinsonと比べると乗り心地も秩父の山を下ったりしてみた時のグリップもそこまで差は感じられなかった。
後はこれから使用していき耐久性を見てみるという所であろうか。

まあ性能よりも見た目が変わった事に満足である。
良い買い物が出来たものだ。