読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌルヌルのブログ

ロードバイクとお買い物

暑がりの私が冬にロードバイクに乗る為の装備を整えてみた

ロードバイク 自転車 買い物
初夏にロードバイクを買ったのだが気がつけばもう冬まっさかりである。
もともとロードバイクを買う前はそんなに自転車に乗っていなかった私は冬に自転車に乗るという行為を少しなめていた。
しかしこの一件からその考えを改める事になる。

ある日久しぶりに奥武蔵グリーンラインにでも行ってみようと坂を登りに行ったのだが、その日はとても暖かい日で暑がりな私は半袖でも過ごせる様な気候であった。
ユニクロの長袖インナーを持ってはいたのだが、登りだしどうせ暑くなるやと考えて半袖ジャージで山を登る事にした。
鎌北湖方面の序盤は勾配もそこそこあり、山を登っているとすぐに汗が噴き出したので前のジッパーもかなり下げての温度調節をしたりしていた。
このコースは少し進むとアップダウンの繰り返しで徐々に標高が上がっていくのだが下りを走っていると汗が冷えて尋常では無く寒い。
夏用の指だしグローブの指の出ている部分はもう感覚も無い。
汗をかいて濡れている事プラス標高がどんどん上がっている事プラス下りでスピードが出てしまっている事で体感温度が恐ろしく低くなっているのだ。
予定の距離の半分も行かないまま、これ以上進むと多分凍死するなと気づいた私は泣く泣く来た道を引き返す事にした。

この一件で買わないとなー程度に考えていた冬の装備の購入を強く考える事になる。

さてさて、しかし何を買えばいいのであろうか。
とりあえず暖かそうなインナーを考えてみる。
インナーなので自転車専用のアイテムでなくてもいいやと考えた私はスポーティーだしフィット感も強いアンダーアーマーのコールドギアを選択してみた。
さらにその上に着るウインドブレーカー的なジャケットも購入。
アンダーアーマーとこれの二枚体制で行こうと考えているのでジャケットの方は安定のパールイズミの物をチョイス。
そして忘れてはいけない手袋である。
これもサイズ感の良いパールイズミの物にしてみる。
とりあえずこの三点を軸に冬は過ごしてみようと思う。

下半身周りを何も購入していないが、私は重度の暑がりなので足の寒さを感じたことがあまりないのである。
基本冬でもサンダルでふらふらしているし。

こんなものや、
こんなものを、

つけている人を街や山で見かけるが本当に寒くなったらまた考える事にしようと思う。

これで冬も楽しく自転車に乗れるはずである。